練馬・桜台

【練馬駅】南インド料理の名店ケララバワンでインド料理を堪能した!!

練馬駅前には有名なインド料理屋がある。その名は、ケララバワン。

こちらは南インド料理屋さん。

南も北もインド料理と思うかもしれないが、日本だって九州と北海道では全然味も料理も違う。

北インド料理は、とろみの強い濃厚なルーが特徴。南インドはとろみが少なくスープ状で辛みが強い。

スパイスも北インドは、南インドでは使用しないガラムマサラを使用する。南インドは、ココナッツミルクや酸味のあるフルーツを使うが多い。


北の南は全然違う。

実は、このお店が有名なのは、オーナー:(通称)サッシーが有名漫画登場にしているというのもある。


インド夫婦茶碗という漫画で、オーナーのサッシーと奥さんである日本人漫画家の生活を書いたエッセイ漫画で、とても笑える漫画です。

ケララバワンの外観とメニュー

お店の外はひっそりとしています。

老舗インド料理な雰囲気がでています。
派手じゃないのが良い。
上の階のカラオケステージだいこんの華の看板が目立ちすぎの気もする。

店内はわりと広い。テーブルが15個くらいあった気がする。

メニューはたくさん。
写真だとわかりづらいのですが、たくさんある。

通常のランチから細かいセットまである。
迷う。

南インド料理のお店のためか通常のインド料理の店と違い、チャパティとのセット食事やご飯が中心の料理がある。
中国もそうですが、南側は米ですね。中国はチャーハンですし、南インドはビリヤニ。

いろいろ迷ったあげく私は、ケララバワンスペシャルランチにしました。
ナン、ライス、カレー2種類、サラダ、デザート、タンドリーチキン、シシケバブのセット。
カレーは、チキン、エッグ、マトンなどから2種類と辛さを選べる。
辛味が好きな私は辛口を選択。

ケララバワンスペシャルランチとミニミールス

注文をおえるとすぐにサラダ登場。
イン料理の店でよくあるサラダである。
定番の安心感がある。

そして、登場するのが本体である。
相変わらずナンは多き。
なんど食べてもサイズにびびる。

セットのタンドリーチキン・シシケバブは美味しそう。
実際、食べた感じも肉身が強くとても美味しかった。
さすがインド料理外れがない。

カレーは辛口だけど、そこまで辛くない。
中辛と辛口の間くらいかな?って辛さです。
私が辛さにガバガバの可能性があるので、このあたりは難しい表現。

同伴者はミニミールスを選択。
ぶっちゃけこのお店にきたらミニミールスをすすめたいと思った。

なんというかインドのご飯である。
私は7年くらい前にインドにいったが、その当時に食べた食事がこんな雰囲気だったのを覚えています。
日本のインド料理屋にはなぜかこういうインド料理がなく、探していた。
それまさか近所にあるとは・・・・。
少しわけてもらいましたが、インドと同じようにとても辛いカレーに箸休めのヨーグルトとまさにインドの定食でした。
正直、ミニミールにすればよかったと素直に思ってしまいました。

次は、ミニミールをを食べよう。

当然ながらケララバワンスペシャルランチもボリュームや味は満足でした。

ケララバワンの基本情報

【住所】〒176-0012 東京都練馬区豊玉北5丁目31−4
【アクセス】練馬駅から徒歩4分。
      練馬区役所に向かう途中にあります。ブックオフの手前といういい方がわかりやすいかも。
      公式HPの道の説明がわかりやすいので参考にしましょう。

【営業時間】Weekday(平日) 11:00 - 15:00 & 17:00 - 23:00
      Weekend and Holiday(土日祝) 11:00 - 23:00

【公式HP】http://www.keralabhavan.com/index.html

【関連記事:近所のお店】

marusuke1216

30代の東京在住のシステムエンジニアです。 婚活サイトで彼女と出会い3か月間で同棲~結婚まで体験しました。 普段は、美味しい食べ物を探して都内を中心にうろうろしています。 最近はゴリラクリニックで髭を永久脱毛中。

    -練馬・桜台