婚活・同棲・結婚・自宅購入

住んでわかった「線路沿い物件」のメリットと物件探しのをまとめてみた

駅近で立地がいいけど線路沿いの物件だと電車の音がうるさくないか心配な方いませんか?

私は、線路から50メートルしか離れていないマンションに住んでいます。
この経験から「線路沿い物件」のメリットや選ぶポイントをまとめました。


線路沿い物件への皆さんのイメージは、「電車の走行音がうるさい」「電車が通るたびに揺れる」だと思います。
しかし、住む線路を選べば「線路沿い物件」も悪くありません。

【ポイント」
・線路沿い物件のメリットは、家賃のわりに駅に近く、フラットアクセスなことが多い。
・線路沿い物件のデメリットは、騒音。
・騒音を踏まえた物件は、路線選びが大切。



線路沿い物件のメリット

冒頭の通り線路沿い物件は、電車の音がするデメリットがあります。
しかし、メリットもあります。

メリット1:家賃・売価が相場より安い

実際、線路沿い物件は音がして、印象も良くありません。
そのため、家賃や物件価格は、ほかに比べて安いです。

私もいろいろ調べて現在の家に住んでいますが、感覚的に1割~3割くらい安いです。


日当たりや眺めが良い

線路沿いは日当たりが良いです。

電車の視界確保や安全のため、線路のまわりに高い建物が立つことはほとんどありません。
そのため、日当たりがとても良いです。

線路沿いではない駅近物件は、周りにマンションが多く日当たりが・・・ということもありますが、
線路沿いの物件は線路側の日当たりは確保されます。

駅までのアクセスがフラット

線路は平坦なところに敷設されていいます。
多少アップダウンがあっても急傾斜ではなく、ほんとうに緩い坂です。

そのため、線路沿い物件は、駅からのフラットなアクセスの場所にあります。
例えば谷のような地形にある駅周辺でも線路沿い物件は、駅からフラットアクセスが可能です。

横浜など谷地形のが多い町ではフラットアクセスの物件は非常にレアなので、
フラットアクセスをとるために線路沿い物件にすることはありだと思います。

線路沿い物件の選ぶポイント

線路沿い物件もいろいろあります。
実際に線路沿い物件に住んでいる私から3つポイントをご説明します。

路線は慎重に選ぶ

電車と言ってもたくさん路線があります。
以下のような路線に線路沿いに住むのは推奨しません。

  • 始発が早く、終電が遅い
  • 貨物列車が通る


これは単純に騒音対策です。
始発が終電が遅いと電車の音がする時間が長いです。
午前4時~午前1時まで走っている電車も首都圏では多くあります。

また貨物列車は、通常の電車の終電後~始発までも走行しているため、注意が必要です。


ほんとうに避けた方が良いです。

マンションの構造を確認

築年数が古く木造は音が響き揺れます。
逆に築浅の分譲タイプの物件は、気密性がしっかりしているのでほとんど音はしません。

実際、音がほとんどしないのに家賃だけ線路沿いだから安いもありえます。

そのため、マンションの構造と築年数は確認しましょう。

線路に面していない部屋はあるか?

1Kや1Rであれば玄関側が線路であれば、意外と部屋では音がしません。
2DKや3LDKタイプは、線路側でない部屋を寝室にできるか確認しましょう。

最新のマンションでもどうしても線路沿いの部屋は若干ながら音はします。
特に深夜や早朝は、周りの物音がないので目立ちますので、寝室を線路沿いではない部屋にできるか確認しましょう。

まとめ

線路沿い物件のメリットや選ぶポイントをまとめてみました。

一口に線路沿いといっても路線によってことなります。
まずは電車の始発、終電時刻を見て、さらに線路そばでどのくらいの音がするのか確認するのが良いと思います。
そうするとイメージが付きます。

実際、線路沿い物件は、音がしても一か月もすれば慣れます。
不思議ですがなれます。

そのため、音によほど敏感でなければ、線路沿い物件に住んでみるのはいかがでしょうか?

GoodFood-GoodLife

marusuke1216

30代の東京在住のシステムエンジニアです。 婚活サイトで彼女と出会い3か月間で同棲~結婚まで体験しました。 普段は、美味しい食べ物を探して都内を中心にうろうろしています。 最近はゴリラクリニックで髭を永久脱毛中。

    -婚活・同棲・結婚・自宅購入