婚活・同棲・結婚・自宅購入

結婚写真(ウェディングフォト)の撮影予約を行った!!撮影スタジオの選び方のポイント!!

婚活、同棲、婚約し入籍日が決まったものの、このコロナ渦、結婚式はどうやら難しそう。
ということで写真だけでも撮影したいと思い写真スタジオに結婚写真(ウェディングフォト)の予約してきました。

時期は、年賀状作成を考慮して5月から9月くらいまでには撮影したい。
写真をチャペルで撮影したいし、せっかくなら和装の写真も撮りたい、公園の緑の中での撮影もいいなと思い決められずにいました。
そして予算は20万以内。

迷いながらも写真スタジオ決めた話です。

(関連記事)ウェディングフォトの準備・確認したいこと。衣装合わせのやり方や注意点について


まず撮影スタジオを資料請求

まずは撮影スタジオの情報収集として資料請求を行いました。
資料請求を行うスタジオは、インターネットとゼクシィを選考にしました。

写真スタジオもたくさんあるため、まずは場所と、ネットの上のサンプル写真から好みそうなスタジオを選びました。
例えば写真のイノセントリー者はドレスが色々選べるので資料請求しました。
資料請求は、スタジオに行かなくても価格感と雰囲気がわかるので貴重な情報です。
複数仕入れることで自宅で落ち着いて比較可能です。



ただ日本人が大半の顧客のはずなのに、外人モデルを使ったドレスや、和装のパンフレットが来ました。
ドレスは、やや派手なものが多いなという印象が多く、30代夫婦が撮影するにはやや幼いかなと感じたところ。
またスタジオ撮影コースは適正価格なのですが、データやアルバムが含まれておらず、結局データとアルバムを入れたら30万近くになりそうだなと辞めました。
(きっとドレスも選んだらさらに上乗せされるでしょう)

aim社はは、カジュアル可愛い感じでして、こちらは1着でデータ、アルバムプランで17万程度のようでした。テイストが可愛すぎるのでやはりしっくりこなかったです。
他にもインスタから24toweddingもいいなと思いましたが、口コミがインスタは盛っているのような記事が多く気になりました。SNSの情報重要です。
友人の情報では、アルバムの構成や、写真構図、顔のアップの仕方も決まっているようでした。

スタジオ見学

スタジオアクアとワタベウェディングには実際の見学に行きました。
スタジオアクアは、ゼクシィの広告のイメージが好みだった点。
ワタベウエディングは、王道で撮影してくれるかなと思い見学しまいた。

そして、契約したのはワタベウェディングです。
なお、説明は、どちらもカメラマンでした。

スタジオアクア

スタジオアクアは、ロケーションプランが充実しているスタジオのようでした。
カメラマンの技術も高そうでしたし、プランも想定より高くない印象でした。
説明では、和装をプラスしたら割引がいくらでや、アルバムをプラスしたらいくら割引かも丁寧に説明してくれました。

説明では、ローケーション撮影行うことを考えると夏は暑くて撮影が大変だから5月中がお勧めで、室内でいいのならばいつでも大丈夫とのこと。
また今まで公園もロケーションプランで撮影していたが、現在はコロナで立ち入り禁止になっているところも多いと話してくれました。
ドレスも選べましたが、好きなドレスを選びたいなら10万円くらい必要でした。
教会で撮影するのだったら別に4万円ほどかかそうです。
ロケーションに行くのも1万位交通費かかると説明ありました。

ワタベウェディング

ワタベウェディングの説明は、丁寧かつ撮影場所も案内してもらえました。(これはホテル撮影であり、ローテーションではない強みです)

チャペル、神殿、衣装合わせの場所、ドレスのイメージなど一通り説明されました。
おかげでイメージがとてもつきやすかったです。
アルバム見本もいくつも見せてもらえたのと、東京タワーをバッグにガーデニングで天気が良ければ撮影できるというところも気に入りました。
ついてくるアルバムのクオリティもお値段には妥当でした。

たまたまですが、ワタベウエディングは、50%キャンペーン中を行っており、スタジオ、チャペル、神殿プランで8万円データアルバム付きとプランがありました。
スタジオとチャペルの場合は、54400円と破格でした。

結果、費用面やイメージがついたところ、東京タワーをバックに撮影できる点などを考慮してワタベウェディングにしました。

ウェディングフォトスタジオの選び方

これは撮影を含めた経験談からのウェディングフォトスタジオの選び方を紹介します。

撮影場所をロケーションとするか、室内とするか?

こちらは検討最初の入り口です。
室内の撮影ではなく、例えば東京駅で撮影したい、ランドマークタワーをバックに撮影したいなどの場合は、撮影してくれるスタジオが限られます。
そのため、ロケーションで撮影した場合は、好みのロケーションで撮影してくれるスタジオを探す必要があります。

私たちは外で人に見られるのが恥ずかしいので室内撮影にしました。

コスト

どうしてもコストが重要です。
コスト面では、ドレスの値段を確認しましょう。
多くの方がドレスは無料ではなく、オプションを選ぶと思います。
そのドレス代が高くなると結構ばかにならないです。

また基本料金内にアルバムが入っているか確認しましょう。
入っていないスタジオが多いです。

カメラマンとの相性

私は仕事でカメラマンに撮影していただいたことがあります。
写真撮影っていきない撮影で笑ってって言われても全然笑えないです。
やはりカメラマンの相性はすごく大切、雰囲気が大切ですね。それともちろんカメラマンの技術も大切かと思います。

まとめ

正直パンフレットだけではイメージがつかないことも多いので、一度見学に行くことをお勧めします。
撮影までの流れや雰囲気、ドレスなどイメージがあると思いますが、見学するとまた求めてるものが変わってくると思います。
そのため、まずは見学をお勧めします。


(関連記事)ウェディングフォトの準備・確認したいこと。衣装合わせのやり方や注意点について

GoodFood-GoodLife

marusuke1216

30代の東京在住のシステムエンジニアです。 婚活サイトで彼女と出会い3か月間で同棲~結婚まで体験しました。 普段は、美味しい食べ物を探して都内を中心にうろうろしています。 最近はゴリラクリニックで髭を永久脱毛中。

    -婚活・同棲・結婚・自宅購入