婚活・同棲

婚活の出会いから同棲までの流れ【二ヶ月で同棲開始】 

こんにちは。
私達は、2021年1月に婚活サイトで女性と出会い二ヶ月半で同棲にすることになりました。
世間的には、出会ってから二ヶ月程度の同棲はかなり早い部類になると思いますが、これから婚活する人・婚活で出会ったけど同棲するか悩んでいる方向けに婚活サイトで出会ってから同棲することになった理由と流れをご紹介しようと思います。

婚活サイトでの出会いから付き合うまで

私達同棲に至るまでのきっかけとして婚活サイトであってから付き合うまでの話をします。(ここは本題でなないため、さらっと書きます。 )
私達はゼクシィー縁結びというアプリで出会いました。いわゆる婚活アプリです。
アプリでマッチングしてメッセージで好きな食べ物の話などを5回くらいやりとりしてから実際に会うことにしました。

最初は喫茶店で1時間程度お茶をして、デートを重ねて、一ヶ月程度半同棲を行い冒頭の通りわずか二ヶ月半で同棲することなりました。 

同棲をした理由

同棲に至った理由は大きく2つあります。

1つ目の理由であり一番の理由は、「お互いの時間を大切にするため」です。
私達が当初住んでいた家は片道1時間30分程度の距離にあたり日々通うには少し遠いです。通っても寝る時間や通勤を考えるといる日数を考えると二人で過ごす時間は短かかったです。
お互いを知るためには会う回数はもちろん重要ですが、会って話して同じ体験をする時間はもっと大切です。この時間を確保するためには、「同棲するのが一番」が一番との結論になりました。

2つ目の理由は、「お金」です。お互いが一人暮らししていたので、二人で住んだほうが家賃や光熱費などの節約になります。特に半同棲でほとんどいない家に家賃を払うのはバカらしいものがあります。お互いの家を往復する交通費も重なるとバカになりませんし、会うまでに時間がかかることもあり外食が増えていた印象もあります。

結局私達は、「時間」と「お金」を大切にするために同棲することにしました。

同棲までの流れ

同棲を決めてから実際に同棲をはじめるまでの流れです。
同棲を始めてから実際に同棲を開始するまでは、住む場所を決めて、引っ越しをする と転居の流れは大きく変わりませんが、両親への挨拶という高難易度ミッションが追加されました。

私達は、①同棲を決める ②住む家を探す ③両親へ挨拶する ④引っ越しをする という流れで同棲を開始しました。
同棲だけなら両親への挨拶は不要という考えもありますが、婚活での出会いということで当然ながら結婚前提の同棲となるため、一緒に住む前にしっかりと挨拶をしておこうということになりました。(両親への挨拶は別記事にします)

ちなみに両親の挨拶は、私達が30代ということもあり、緊張したわりにあっさり終わり表紙抜けでした。

同棲してどうだったか?

同棲はじめてそんなにたっていませんが、「同棲は成功だったな」と感じています。
当初の目的通り、二人でいる時間も長くなり、食事の後に会話する時間も自然とのびています。こういたったことでお互いの価値観や人となりを今まで以上に知ることができているので、良かったと感じています。

結婚する前に同棲すべきか?と考えるが非常に多いと思いますが、私達は断然したほうが良いと思っています。

二人で暮らしたら、洗濯物が増えるとか、ゴミ当番とかルールを作るなど、よく聞きますが、現時点でルールはなく、、同棲にて最初に必要なのは、自動化の取り組みと最新家電です。洗濯は乾燥機付き洗濯機を使用しています。

同棲の楽しさは、いろんな感情を共有できることですね。今日はこんな一日だったとか、こんなところのご飯がおいしかったとか、友人と話してこう思ったとか、その都度話せることは、とっても楽しいですし、メリハリ付けて仕事の時間はお互いに静かに邪魔をしないようにしてるところもあります。コロナで、婚活が難しいって思われる方は、いらっしゃるのではないかなとも思いますが、コロナで時間がある今だからこそ、活動してみるのもいいのではないかと思います。正直コロナの中で、新しい人に沢山お会いするっていうのはリスクがあるかと思いますが、ある程度やり取りをしてみてでも、zoomを通じてでもなんか違うとかいいなと思うとかはわかるのかなと思いますし、方法はいくらでもあるのではないかと思います。

二人とも在宅ワークなのですが、12時に二人で平日にゆっくりご飯食べてたりすると本当に平和だなって思います。

marusuke1216

30代の東京在住のシステムエンジニアです。 婚活サイトで彼女と出会い3か月間で同棲~結婚まで体験しました。 普段は、美味しい食べ物を探して都内を中心にうろうろしています。 最近はゴリラクリニックで髭を永久脱毛中。

    -婚活・同棲